小顔注射の副作用が気になる方へ

エラを削ったりメスを使ったりするような
本格的な整形手術とは違い、小顔注射はプチ整形と呼ばれる
手術跡が残らない施術方法になります。

しかし、いくら傷痕が残らないと言っても
小顔注射の副作用は気になるという方もいると思います。

実際に小顔注射は「ボトックス」「脂肪融解」「BNLS」という
大きく分けて3つの種類に分類できることができます。

「ボトックス」はフェイスラインの引き締めなどの効果があるものの
老化を促進させてしまうという副作用が心配されています。


「脂肪融解」は副作用の心配が無いと言われている一方、顔の場合そこまで効果が実感できないという方が多い施術です。

そして、今小顔注射の技術が進化して1番安く効果を実感しやすいと
人気と注目を集めているのが「BNLS」です。

小顔注射BNLSにはリンパを変える作用と一緒に、脂肪を燃焼する効果を高めます。そのためボトックスに比べて副作用の心配なく効果を実感することが可能になりました。



・注射だけで小顔になれるBNLS注射とは?


湘南美容外科の小顔注射BNLSの特徴とメリットは、脂肪吸引に比べて費用が安く済みますし、メスを入れないので傷跡が残ったり腫れたりする心配がありません。

それから、注射だけで手軽にフェイスラインや腫れぼったい瞼をスッキリさせることができるため、周囲にバレにくいのが魅力です。

BNLSの成分は、植物から抽出した成分を主成分とした脂肪溶解注射です。

この注射をすることで、リンパの循環作用と脂肪分解そして、肌の引き締めを注射後約3日で実感することができます。

顔は、筋肉が少なく脂肪を燃焼しずらいため、ダイエットをしても何故か顔だけ痩せないという方がいます。
また、顔は、血行が良くないので、リンパマッサージを行わないと顔がむくみやすくなってしまいます。

体質的に顔だけ痩せないと、いう方は小顔注射を試してみる価値があると言えます。




・効率をよくして徐々に変えていく


小顔注射BNLSを行うことによって、基本的に脂肪の燃焼が徐々に始まるようになり、少しずつですが顔が細くなっていくことを感じます。

これはリンパの部分が刺激されていることによって、徐々に燃焼する作用が高まるようになり、顔の脂肪を燃焼させているのです。

しかしその効果を熱などで感じるようなことは無く、いつの間にか徐々に顔が小さくなっていくような感じを実感できます。

脂肪を分解する作用にプラスして、リンパの循環を改善し、さらに肌の引き締めまで行ってくれる効能を持っています。


これを行うことによって、小顔注射BNLSで様々な効果を得ることが可能となり、小顔を実現することができます。

脂肪を燃焼する作用が非常に高くなり、人が持っている限界まで燃焼作用を働かせることができます。



・なかなか顔の部分が細くならない方に


何をやっても顔が小さくならず、明らかに目立ってしまうような方については、小顔注射BNLSを利用することで劇的な変化を手に入れることができます。

なかなか脂肪が燃焼しない背景には、リンパの循環部分に大きな問題点が生じていることがあるので、それを変えてしまえば大きな効果を得ることができます。

また小顔注射BNLSを利用することによって、顔についている余計な脂肪も一緒に落とすことができます。

顔の脂肪に悩んでいる方はもちろんですが、もっと劇的に小さくして見たいと思っている方にも使いやすいです。


短時間で効果を得られる方法であることを考えると、会社に行って仕事をしている方が、気軽に行える方法となります。

小顔注射BNLSは腫れたりすることがあまりないので、次の日から出勤しても大丈夫です。